やくみつる氏自ら編みこみ式増毛法を告白!

テレビでも話題になった最新技術のパワー

クイズ番組や大相撲が好きなコメンテーターとして知的な分野で活躍している漫画家のやくみつる - Wikipediaですが、以前から自分の薄毛を漫画の自虐ネタにするなどでお馴染みでしたが、帽子を脱いでボリュームのある自然なヘアスタイルになったことで世間の注目を浴びました。 この話題で世間をにぎわせた後、番組や漫画の連載で「編みこみ式増毛法」をはじめたことを「やくみつる」自ら告白してくれました。 編みこみ式増毛法と言えば、毛髪ブランドのスベンソンの特許製品だとその道に詳しい方には解ってしまいます。 しかし、その後雑誌のインタビューでは、やくみつる自らはっきりと有料の「スベンソン式をはじめた」と臆さずに答えていました。 当時、ネット上で数多くのニュース速報として賑わいましたが、タイトルは「やくみつる 突然かつらを?」や「ヅラ使用を告白!」など、カツラ疑惑として話題を集めていましたが、本人いわく、装着するカツラではなく「増毛法」だと述べていました。

やくみつるなどの芸能人の薄毛・ハゲに敏感な理由とは?

みんなが注目している他人の薄毛の進行具合

やくみつるさんよりは古いエンタメのネタですが、朝の情報テレビ番組「とくダネ!」の生放送中に大御所の小倉智昭氏が頭を下げた瞬間にカツラが取れる、という衝撃の合成映像がネット上に配信されたことでブログでも話題になりましたね。 このように世間の人は芸能人や著名人の薄毛・ハゲなどに必要以上に敏感に反応するのはなぜでしょうか?! 30代~50代のAGAの日本人の人口は約1260万人と言われており、日本人男性のおよそ3人に1人の割合がAGAの該当範囲だということになります。 むしろ、お茶の間のテレビで活躍する有名な芸能人がカツラや増毛法を使用していた!というやくみつるさんのような衝撃的なカミングアウトの告白は、同性の日本人男性にとっては親近感が湧き、好感度さえ上がることになるのではないでしょうか? 昭和の時代と比べて最近の日本人は、男女ともにいくつになっても若々しく年齢や体力の疲れを感じさせないような風潮があります。 テレビのクイズ対抗戦で活躍するやくみつるさん等のタレントで芸能人だけではなく、駅前の繁華街で頻繁に見かけるアラサー、アラフォーの一般人は一昔前に比べると若々しくきれいに歳をとっているように見えます。 これは、結果的には男女とも増毛法に限らず毎日の皮膚のスキンケアや太り過ぎない最新の秘密のダイエット方法、長寿の独自の健康法などの努力をしている方や、流行のナチュラル生活を目指している方が増えているという結果でしょうか。

若年性脱毛症の増加と日本の世情の関係性

肉体的にも精神的にもケアをしていくには支払う費用と手間に限界はある

しかし、いくら見かけに精一杯努力したところで、現在の日本の世情は厳しく増毛法に対して内面で拭い切れないストレスを抱える漫画家やくみつるさんに限らず日本人が多いことは現状です。 不規則な堕落した生活や食生活の時間の乱れ、睡眠不足による蓄積された疲労や精神的ストレス、過度のタールの高い喫煙、毎晩の過度のアルコール摂取などの機会が増えれば、自然と肌や毛髪などにダメージが与えられることになります。 20代の若年性脱毛症が増えているのもこのような世情の現れだと言えるでしょう。 マルチタレントのやくみつる氏の増毛法は、スベンソン式の編みこみ式だと自らYoutubeの無料動画で自発的に告白してから、スベンソンという屋号の新しい言葉は一躍世間に有名になりました。 いつの時代も、男性の薄毛やハゲは加齢とともに押し寄せる深刻な悩みとなります。 いくら規則正しい生活や栄養バランスの整った食生活を心掛けて育毛の努力を頑張って維持し続けたとしても、これがAGAの原因の8割が親からの遺伝だと言われている通り、親の頭髪を見れば自分の将来が解る!のですから、早い年齢からお金と時間を費やして頭皮環境に良い育毛を続けていくか、それとも早い段階で見切りをつけて増毛法をするか、はあなたの考え方次第ですね。

増毛法【芸能人が明かす】発毛の技術


このページの先頭へ