女性の毛髪には生え変わりのヘアサイクルがあります


増毛法の前にまず自分の症状をしっかりと確認しましょう

女性の薄毛や抜け毛にはさまざまな要因があります。 髪は肌と同じようにいくつになっても美しく健康な状態を守り続けたいと思うものです。 「風呂場でシャンプーをした後に抜け毛の量が多くなった」このような真剣な悩みを抱えていらっしゃる方も多いことだと思います。 そもそも、毛髪には成長のサイクルというものがあります。 日本人は平均で約10万本あり、1本の髪が成長しはじめてから抜け落ちるまでの周期を「ヘアサイクル」と言い、平均して4~6年の期間で生え変わります。 ヘアサイクルから統計として計算すると1日当たりおよそ50~100本ほどが気づかないで風呂場で抜けることになり、成長した髪が洗う度にこの程度の本数抜けるのは自然現象と言えます。 しかし、新しく生え始めた短く細い毛が抜けるようでしたら注意が必要です。
女性の薄毛・抜け毛の原因として考えられるのは、
①頭皮の血行不良
②シャンプー後のお湯でのすすぎが細かいところまで行き届いていない
③加齢による女性ホルモン分泌の減少など
30代後半くらいから薄毛・抜け毛・白髪などを含める衰えが悲しいですが自然と起こり始めます。 加齢とともに弾力やボリュームがなくなり、コシやハリ、艶などが見え始めて次第に徐々に失せてきます。 敏感な肌と同じように、女性の髪の衰えとともに年齢の増加を頻繁に感じやすくなります。 さらに、体力を消耗する初めての出産や閉経後の更年期障害などの女性ホルモンのバランスの乱れが薄毛・抜け毛を急速に悪化させる原因となります。 薄くなった弱弱しい髪を短期間に改善するための女性の増毛法は種類も豊富にあります。 手っ取り早く、おしゃれな方法としては、普段で気になる部分だけを覆う巧妙な高価なウイッグや、付け毛、エクステンションなどは、髪の長さや流行のヘアスタイルなど豊富な種類があります。 しかし、現段階ではこのような増毛法は、一時的に周囲の人の目を誤魔化すだけで根本的な容姿の解決にはなっていないでしょう。

女性の増毛法に必要なのは日々のケアを続けること

目的によって、対処の仕方も異なります

女性の増毛法の基本的なターゲットととしては「健康で丈夫な髪を根気よくゼロから自宅で育てる」「過剰な抜け毛を始まる前に自分で気付いて市販薬で予防する」ことだと思います。 基本的に男性とは減少する抜け毛の構造的な原因が異なるために施策する増毛法が根本的に違います。 芯を傷めるパーマや自分で染めるカラーリング、自宅の狭いお風呂でのシャンプーなどの回数が平均の男性より多く、間違ったヘアケアや化学成分などにより知らぬ間に頭皮へのダメージを与え、女性の抜け毛や薄毛の原因となることが多いのです。 そのために常に日々のヘアケアと手入れが必要となります。 シャンプー剤やヘアケア製品が適切で良かれと思っていた化学成分や育毛環境に悪影響を与えるようなダメージ成分が含まれては、頭皮環境を悪化させ、頭皮の血流を低下させることになります。

女性の増毛法で厳禁な頭皮にダメージを与えるヘアケア剤

成分をしっかりと使用する前に確認

多くのヘアケア剤には、香料・着色料・鉱物油・パラベン・石油系界面活性剤・タール・合成ポリマー・酸化防止剤・シリコンなどが配合されていますが、実はこのような添加物は一切余計なもので頭皮環境を悪化させる大きな要因とされています。 このような添加物・化学成分を一切不使用の、無添加のヘアケア剤が女性の間で有名になり世間から注目されています。 将来的にも髪を元気に育てる栄養分などをメインの主成分とし、毛根から細胞まで栄養を行き届かせることで活性化を促進することが必要であり、こうした毎日のケアを続けることに、育毛・増毛法としての大きな役割があるのです。

増毛法【芸能人が明かす】発毛の技術


このページの先頭へ