美容外科での植毛やアートメイク

薄くて貧弱な眉毛の増毛法には具体的にどのような方法があるでしょうか?

眉毛の植毛では移植部分が大変デリケートで、移植本数も通常50~200本程度の狭小なため、人工毛ではなく自毛に限られ施術が行われます。 本来一定の長さで成長が止まりますが、移植された後頭部の毛髪は伸び続ける性質があるため術後のプロによるメンテナンスが重要となります。 増毛法のアートメイクを専門に行うサロンなどもありますね。 デザイナーやアーティストなどの熟練の技術者が、個々の顔全体の雰囲気などに合わせてカットや手入れ方法などを指導してくれます。 最近では、従来のように塗りつぶしたものではなく一本一本を丁寧に積み重ねナチュラルな毛並みに見えるような新技術法の3Dグラデーションを開発している優良なアートメイク店があるようです。 朝したメイクが汗などで突然落ちるという心配はありませんが、知人を驚かすような奇抜なアートメイクは一度してしまうと周囲が気になって挙動不審になったり元に戻れないというデメリットがあります。 最新の時代とともに流行があるため眉毛のアートメイクや増毛法は、ネット掲示板でも評判としても現状では個人間のSNSでも賛否両論のようですね。

眉毛の増毛法ひとつで人に与える印象が変わる

顔の印象が大きく劇的に変化する部分です

目の上の眉毛は顔の輪郭・ヘアスタイルに次ぎ、顔の明るいイメージを左右する重要なパーツだと捉えれている方が多いようです。 男女とも形は流行とともに変化するため、高級なカジュアルなファッションと同様に重要なアイテムとなります。 人間の顔の様々な喜怒哀楽の変化する表情は、目元に色彩で強弱のインパクトをつけるとかなり周囲からの受ける印象が変わってくるもので、目の上の眉毛を左右対称に綺麗に整えることにより引き締まった顔立ちにさえ見えるのです。 女性と比べ、男性の場合は顔の個々のパーツを派手にいじれるターゲットが少なく面積の範囲が狭く絞られるため、特に思い入れが激しい方が増えているようで、増毛法というよりは最近では自分の綺麗な顔に似合う眉をカットデザインしてくれるメンズ眉専門店の利用者も増えているようです。

増毛法ではない美容液は眉毛にも使える?

市販の商品を購入して増毛法を試してみる

日々のケアで地道に増毛法を各種試したい方には、海外の個人輸入できる瓶に入った美容液を高額ですが自己責任で毎日使用してみるのも良いでしょう。 まつ毛用の美容液というものは比較的豊富に多種のメーカーから毎年発売されていますが、眉毛専用の美容液となると国内では製造の数が少ないようです。 そもそも目の周辺は非常にデリケートな部分であるため、まつ毛専用に開発された特殊な美容液を正しい方法で使用して過度に刺激が強すぎ危険な副作用だということはないようです。 しかし、万が一にも被害が出る副作用などがあっては困りますので大手の美容メーカーが確実に眉毛に使用しても大丈夫だと記載してある専門の認可された美容液をお選び下さい。 日々の変化として密度を増やすことも重要ですが誤って失明や身体的な後遺症の残るようなことがあってはこれは結局元も子もありません。

増毛法【芸能人が明かす】発毛の技術


このページの先頭へ