再利用可能で比較してコストが削減できる新増毛法!

シームレス決着法とは?

最近では、カツラ業界が独自で開発した増毛法があります。 新しく注目して比較されているメーカー「プロティア」が開発したのは、自毛に人工毛髪を決着させる「シームレス決着法」です。 1本1本に丹念にミクロの制度でジョイントしていく精密方法で、お客様が気にして薄いと希望する部分に希望の量を多くすることや短期間で増やすことも可能です。 プロティアの増毛法では、伸びても根元まで下げることが可能で、これは前回から伸びた分だけを綺麗にカットし何度でも再利用できることでコストを抑えることが可能になりました。 気になる価格についてですが、増やす本数によって価格も変わってきますので、自分の薄毛の特徴などを比較することで良く知り、メーカーの専門家などと相談しながら自分に合う方法を見つけましょう。

比較されることで日々進化を続ける増毛技術

自分に合った方法をネットで探しましょう

増毛法とは、薄毛や脱毛症などでお悩みの方の頭髪のボリューム感を実際以上に出すための解決方法で、1本の自毛に複数の人工毛髪を手作業で結び付けたり、透明な糸で自毛に結んだり編み込む技術が伴います。 少ない頭頂部などの自毛が、数倍、数十倍以上単位で多くなるわけですから、のボリューム感が増すことになります。 一口に増毛法と言っても比較できる方法が多数あり、世の中でニーズがあるので医学技術などは日々進化しています。 プロの職人の手作業による人工の完成したものを使用する方法もあれば、自毛を薄くなった円形の部分に手作業で特殊なピンセットで丁寧に移植する方法があります。 これは植毛と言った比較で捕える方が自然で親切で解りやすいですね。

M字や頭頂部の後退は男性ホルモンの影響?

一番薄くなっている部分はどこか?

顕著に密度が薄くなる部分は、額の生え際や頭頂部が主であり、見えない範囲の後頭部が最初に薄くなる方は前者に比較して存在しません。 この男性特有の徐々にハゲが加齢で後退していくのは夜中の男性ホルモンの分泌量の増減が影響しているということです。 後頭部の毛髪は分泌される男性ホルモンのマイナスの影響を受けない増毛法が不要なエリアなのだそうです。 美容外科の本格的な手術で後頭部の健康な部分を皮膚移植することにより、広い額の生え際や頭頂部の薄いエリアで半永久的に髪を生え続けさせることができるのです。 費用が高い植毛とは、頭皮に編み込みで直接植え付ける方法で「髪がずれる・外れる」などの頻繁に起こる不安や余計な心配がありません。 しかし、移植用毛髪を頭皮ごと後頭部から採取することになり、採取した部分を縫合するため醜い傷口を敢えて何箇所も作ることになります。 抜糸後の傷口は周囲から見えないように見事に隠れてしまいますが、細心の注意と高度な最新知識と専門の技術が必要となります。 現状での増毛法とは、頭皮全体を物理的な刺激で傷つけることなく髪に以前に比較してボリュームを与えることができますが、これで自毛が伸びると結び目などが目立ってしまうので、適切な頻度でメンテナンスが必要となってきます。

増毛法【芸能人が明かす】発毛の技術


このページの先頭へ